シアリスの注意すべき副作用とは

勃起の仕組み

勃起の仕組みは、性的な刺激を大脳で感じ取ることによって、勃起神経と呼ばれる脊髄の組織に伝えられて、ペニスの陰茎海綿体の神経に伝わることによって起こります。 ペニスの陰茎海綿体の神経に脳の興奮が伝わると、陰茎海綿体の中で一酸化炭素が放出されていくことによって、血液や筋肉に影響を与えていき、勃起をするような仕組みになっています。血液や筋肉に影響を与えると、「サイクリックGMP」という物質がペニス内に増えていき、陰茎海綿体の筋肉が緩んで、血管が拡張していき、大量の血液がスポンジ状の組織である陰茎海綿体に流れ込むことによって、ペニスが徐々に固くなって勃起していく仕組みになっていて、ある程度血液が流入すると、陰茎海綿体の静脈が圧迫されていき、血液が外に出ることを防ぐようになっていくため、勃起した状態を維持できるような仕組みになっています。 勃起を正常に行うためには、脳で興奮をすることと、脳の興奮をペニスに対して正常に伝える神経と、陰茎海綿体の血流を確保することが可能な血管と、勃起状態をキープし続けることが可能なペニス(陰茎海綿体)の役割が、それぞれ重要になっています。大脳イメージ 勃起をするために重要な脳の刺激は、女性の裸を見たりすることによる視覚的な興奮や、エロティックな想像による精神的な興奮によって受けることが可能になっています。そのため、毎回同じような性的行為をしていくと、慣れていくため、シチュエーションを変えたりすることによって、性的興奮を受けやすくなります。 脳の興奮を伝えるための神経は、自律神経が影響することがあり、自律神経には交感神経と副交感神経があります。脳の興奮を伝えるのは、交感神経と副交感神経のいずれかであり、どちらの神経が作用するかは、場合によって異なります。交感神経と副交感神経は、正反対の働きをするため、バランスが悪いと、勃起しにくい状態になります。特に、交感神経が異常な場合は、不安・プレッシャー・緊張あるような状態であるため、性的興奮を覚えにくい状態になっているため、不安などを取り除くように注意することが必要になっています。 ペニスを拡張させるためには、「サイクリックGMP」を増やしていくことが重要になっています。血管拡張剤のような役割をしている「サイクリックGMP」は、体内で生成する「PDE5」という酵素によって分解されてしまうため、「PDE5」の働きを抑制していくことも重要になっています。

EDとは海綿体に血液が流れなくなって起こる症状

EDは、ペニスの陰茎海綿体に血液が流れなくなることによって生じます。性的な興奮を覚えづらくなったり、交感神経に異常が生じたり、ペニスの陰茎海綿体自体に血液が流れにくくなったりすることによって、EDが生じることがあり、原因がよくわからない場合には、医師などに症状を診てもらうことが重要になっています。 EDは、血管の状態によって起こることがあるため、糖尿病、高血圧、高脂血症などの血管に関する生活習慣病にかかると、EDにかかるリスクが大きくなります。血管に関する症状によってEDが起きてしまうと、精神的にもダメージを受けてしまい、交感神経に不安などが伝わっていき、性的興奮をペニスに伝えられないような状態にもなってしまうため、さらにEDの症状が悪化する場合があります。 EDは、血液の状態を良くすることによって、改善することが可能になっています。海綿体に血液を取り込めるようにするために、「サイクリックGMP」という体内にある血管拡張剤作用がある物質を増やしていくことや、「サイクリックGMP」を分解する「PDE5」という酵素を減らしたりすることによってEDを改善することが可能であり、血管拡張剤などを服用することで、大幅に症状を改善できます。