シアリスの注意すべき副作用とは

シアリスは女性が飲んでも効果がある?

シアリスは第三のED治療薬と呼ばれ、バイアグラとともに世界中の勃起不全に悩む男性に利用されていますが、女性の不感症にも効果があるという説があります。加齢やストレスなどが原因で、女性の中にも男性と同じように性的な悩みを抱えている人が少なくありません。薬と女性 女性の場合は勃起不全というわけではなく、性交中に快感を得られない、オーガズムに達しないなどの不感症の症状に悩まされている方が多くいます。このことを婦人科に相談しても、不感症を改善するような特効薬はないので、憂鬱な気持ちで過ごしている方もあるようです。 インターネット通販で探せば、不感症の女性のための媚薬が販売されていますので、それを購入するのも一つの方法になります。ただしシアリスやバイアグラのように厚生労働省に認可されているものではないので、注意して利用しなければなりません。 シアリスで男性がEDを改善できる理由は、タダラフィルという成分に、PDE5を抑制する働きがあるからです。男性が性的興奮を受けると、脳が血管を拡張させ、多量の血流を送り出すことで勃起します。しかしEDになると、PDE5という物質が、血管を拡張させる作用を阻害し、血流を悪くするので、性的興奮を受けても、十分な勃起が出来なくなってしまいます。 シアリスを服用すればPDE5を抑制できるので、血管の拡張が促され、血流も良くなることで、陰茎に十分な血液が流れ込むようになります。血管が拡張すると、性器に十分な血液が送り出されるようになるというのは、男性だけでなく女性もなので、不感症の改善効果を期待できます。 女性の下半身に付いている突起のことをクリトリスといいますが、これは男性が持つ陰茎と仕組みが似ていて、性的興奮を受けると膨張します。EDの男性がシアリスを飲むと、男性の陰茎にある海綿体に血液が流れ込んで陰茎が膨張し、勃起が起こります。女性が飲んでも血流が良くなるので、クリトリスの膨張効果を期待できます。 女性がシアリスを服用してクリトリスの勃起が起こった場合、性行為中の接触や、軽い力がかかっただけでも過敏となり、性的快感を呼び起こしやすくなるといわれています。オーガズムに達することもあるので、シアリスを飲むと、女性の不感症が治る可能性があります。 シアリスはあくまで男性用に作られたED治療薬なので、確実に女性の不感症を治せるとは言い切れません。医学的にも証明されていないので、安全のことを考えるなら、不感症治療のために女性がシアリスを服用するのは避けるようにしてください。

女性用のバイアグラもある?

女性用バイアグラは国内では手に入りませんが、アメリカFDAではすでに承認されています。スプラウト・ファーマシューティカルズ社が発売し、一般名はフリバンセリン、商品名はアディになります。 この女性用バイアグラは、男性用のED治療薬とは違い、抗うつ薬のように脳の中枢神経に働きかける薬で、毎晩服用しなければなりません。吐き気や眠気、失神などの重篤な副作用のリスクがあり、アルコールや避妊薬と併用すると、さらにリスクが増大するとの報告もあります。そのため医師は研修を受ける必要がありますし、リスク理解に関する同意書に、患者から署名をもらわないと処方できなくなっています。 バイアグラなどのED治療薬は、男性器への血流を増大させて勃起させるのに対し、女性用バイアグラは、脳内化学物質のバランスを変化させる働きがあります。閉経前女性の性的欲求低下障害(HSDD)を治療するための薬です。 性的欲求低下障害(HSDD)の患者を対象として行われた治験では、女性用バイアグラを服用した人は、偽薬を飲んだ人よりもその数が平均で、月0.5~1回しか多くなりませんでした。試してみたい方もあるでしょうが、効果が低いわりに、副作用のリスクが高いため、国内で認可される可能性は低いといえます。