シアリスの注意すべき副作用とは

シアリスにはジェネリック医薬品もある

勃起機能不全はデリケートな問題ですので人に相談しにくい病気です。友人や知人の相談しても冷やかされることはあっても真剣には聞いてくれないことでしょう。妻や彼女に相談しても男性特有の病気ですので、せいぜい医者に行ってみたらと言われる程度でしょう。もちろん、医者に相談に行くのが良い選択ではありますが、事前に自分でED治療を試すことも可能です。 ED治療薬はバイアグラやシアリスといった有名なものが個人輸入で手に入れることが出来ます。個人で使用することを目的とした量なら個人の責任において国外から輸入し入手することが出来ます。 個人輸入でのメリットは、誰にも知られず入手し試してみることが出来る点とコストを抑えることが出来る点です。シアリスなどの薬は国内で正規ルートで処方してもらうと1錠でも数千円するものもあります。 そして、国内では安いジェネリックは基本的に流通していませんので高額な正規品となります。でも、個人輸入の場合ですとシアリスのジェネリック品を入手することが出来ます。 ジェネリックのタダリスやメガリスは先発医薬品と成分が同じですが、価格が安いです。タダリスやメガリスなどのジェネリック品が誰にでも有効であるかは分かりませんので、口コミや販売サイトの記事などを参考にすると良いでしょう。タダリス 薬は高ければ効いて価格の安いものが効かないと言った事は無く、あくまでも個人の体質による影響が大きいものです。シアリスやタダリス、メガリスといったタダラフィルを主成分とした錠剤は1個に20mg程度のタダラフィル成分が含まれています。 この量で個人差はありますが最長で24時間の勃起効果が期待できます。この時、自分の意思と関係なく無理やり勃起するものではなく外部からに刺激によって勃起しますのでとても自然で違和感をあまり感じません。 この外部からの刺激は目から入る刺激にも反応しますのでプレイに入る前に効果を確認することが出来ます。また、シアリスやタダリスなどに入っている有効成分のタダラフィルが20mgもあると個人によっては多少の副作用が現れ場合があります。 少し体温が上がったり、お腹の調子が悪くなり下痢気味になるなどの症状が出る場合もあります。薬は正しく服用することでそのパフォーマンスが最高になります。 必要以上に過剰に摂取しても効果が出ないばかりか体に悪影響が出る恐れもありますの服用間隔や用量は必ず守りましょう。

有効成分には「タダラフィル」が含まれています

シアリスやジェネリックのタダリスなどは勃起機能を回復させる有効成分のタダラフィルを含んでいます。このタダラフィルが体質に合わない人もいますので異常を感じたら即使用は中止しましょう。 また、1錠あたりのタダラフィルの量は20mgであることが一般的です。この量では体に負荷がかかりすぎる場合があります。基本的に薬の服用は空腹時に行います。 服用後にうどんやそばなどの軽い食事をとっても問題ないのですが1時間以上は胃に何も入れない方が薬の効きが良いようです。但し、空腹時の使用となりますので胃に負担がかかることもあります。 また、タダラフィルの影響で下痢を起こす場合があります。下痢を起こすと有効成分のタダラフィルが体外に排出されることがあり期待した効果が得られない場合もあります。 プレイ時間が分かっていたり20時間を越える持続時間が必要な場合は稀だと思いますので、薬の服用を1錠ではなく半分にする方法もあります。タダラフィルが半錠の10mgでも数時間のプレイには問題ありませんので半分で試す方法もあります。 錠剤をカットするにはカッターナイフでも可能ですが専用のピルカッターを使った方が割れや欠けなどなく綺麗に等分出来ます。