シアリスの注意すべき副作用とは

シアリスが開発された背景

シアリスは、バイアグラ・レビトラに続いて開発された第3のED治療のための医薬品です。主成分にはタダラフィルを含みます。有効成分の含有量により、その規格は10gmと20gmがあります。 タダラフィルは、医薬品のカテゴリではPDE5型酵素阻害薬に属します。PDE5型酵素阻害薬というのは、勃起の持続に必要な血管拡張物質を壊して勃起を終息させる体内酵素のPDE5型酵素の働きをブロックすることで勃起の持続をサポートする医薬品です。 シアリス シアリスの前に登場していたED治療薬のバイアグラ・レビトラの有効成分も同じくPDE5型酵素阻害薬なのですが、シアリスの有効成分タダラフィルにはそれまでのED治療薬にはない特徴があります。それは、いったん血中で最高濃度に達したら食事や飲酒の影響を受けにくいことと効果の続く時間が格段に長いことの2点です。 従来のED治療薬には、空腹時に服用することで短時間でその効果が現れ、また薬の効果の持続時間が短いという特徴がありました。この特質により、治療薬を使う男性としては空腹の時に薬を飲んだら、食事もそこそこに効果が切れないうちに慌てて性行為を済ませなくてはならないという焦りがあります。また、性行為がいつになるかを考えるというプレッシャーも隣合わせです。 第3のED治療薬のシアリスは、この点に改良が重ねられて開発された薬です。シアリスの有効成分のタダラフィルは、いったん体内に吸収させてしまえば食事をしたり飲酒をしてもその効果との相性が比較的よいという特徴を持ちます。また欧米諸国ではウィークエンドピルといった愛称でも呼ばれ、大変人気が高いED治療薬になっています。ウイークエンドピルというのは、週末に備えて1回飲んでおけばウイークエンドの性生活をたっぷり楽しめるという意味合いで、それほどに効果が長続きするということです。 この特徴により、シアリスが開発されてからはEDに悩む男性は性行為がいつになるかで頭をいっぱいしながら薬を飲み、タイミングがずれてしまったら慌てて追加服用の心配をするということがなくなっています。食事やお酒も楽しめるので、1回飲んでおけば ムーディーなデートや旅行も薬の心配ばかりしないで楽しむことができます。 シアリスはED治療の医薬品として、使用する男性のプレッシャーができるだけ少なくなるよう飲酒や食事との相性や薬の効果の持続時間の点で改良を重ねて開発された薬です。

ジェネリック医薬品とは一体何なのか

医薬品には、新薬とジェネリック医薬品という区分があります。新薬は、初めて開発されて治験や実験の結果承認を得て市場に流通する医薬品です。新薬には特許が設定されるので、他メーカーは特許の有効期間内には同じ内容の薬を製造することはできない仕組みです。特許が無効になれば製造が可能で、そうして製造されるのがジェネリック医薬品です。 ジェネリック医薬品の一番の特徴は、既に内容のわかっている薬であるため低コストで新薬と同じ内容の薬が製造できる点です。そのため市場での薬価が新薬に比べかなり安価です。 シアリスにもジェネリック医薬品が登場しています。新薬のシアリスと同じくタダラフィルを有効成分として含有し、その規格も新薬のシアリス同様に10gmと20gmがあります。同じ内容で製造されているので、ジェネリック医薬品のシアリス10gm・20gmともに新薬のシアリスとほとんど同じ効果・効能を持ち、使用上の注意点などもほぼ同じとなっています。 ジェネリック医薬品を使用する一番のメリットは、新薬のシアリスとほとんど同じ内容でありながら薬価が大変リーズナブルであることです。医薬品を使ったED治療は健康保険の適用外となるため、医師の処方で薬を自費購入する形となり費用は高額になりがちです。ジェネリック医薬品のシアリスを使えば、何分の1かの安価で同じED治療を受けることができます。